レジン・神楽坂大好き   50オバサンの楽しい毎日

毎日楽しく生きるために、色々やってみよう。

私の霊体験12(富士の樹海近くにて)

年末の帰省の途中。渋滞にはまり、イライラして

いた夫は少し細いわき道に入り迂回を試みました。

ところが12月の末の寒さもあり、道が凍結してい

ました。チェーンを付けていないこともあり、

ゆっくり走ってもスリップしてしまい危険極まり

ない感じ。

余りに危険だと感じた夫はチェーンをつけようと

車を止めました。それまでウトウトしていた私は

その停車で目が覚め、暗黒の道に驚きアンテナが

冴えます。寒気が凄い!!

え!!もしかして、ここは富士の樹海では?

素早くチェーンをつけて脱出したい雰囲気。

するとチェーンを付けに出た夫が何度も車に

戻ってきます。買ったばかりのチェーンだから

つけ方がわからないのかも知れないけど、早く

終わらないかな?と車の中で待っていた私ですが。

見えていました。沢山の霊が。

全身が白い人と全身が黒い人が多分二、三人の

グループになり、あちこちからこちらを進入者の

ように監視している感じで見ています。

寒気が止まりません。

私が霊を見るとき、いつも怖くないのです。

後で、あれって霊だったの?ってなった時に

怖い!!ってなるのですが、そのときは怖く

無いのに、このときは寒気が凄いのです。

でも、何も出来ない私は待つしかないのです。

中途半端に付けたチェーンで徐行でその道を

脱出できたのは一時間後くらいだったと思う

のですが、コンビににたどり着き一服した夫が

「何か見えた?」と聞いてきました。

「うん。白い人、黒い人一杯いたよ」

「やっぱり」

普段霊感なんて、全くない夫が感じたのだそうです。

山のほうから何かが出てきて自分に覆い被さるような

気配を、何度も。流石に怖くて何度も車に戻ったの

だそうです。

いつもは私の霊話を笑い飛ばしていたのに。

 

私の霊体験11(心霊番組を見ていて)

何年前か忘れましたが、心霊番組を見ていた時のこと、

どこかの霊目撃情報多発廃病院に潜入とかいう企画

でした。その病院を引きの絵で映したときのこと。

窓に女性が立っています。

私は昔の川口浩探検隊の様に潜入と言いながら

カメラマンやスタッフさんが先に入っていて、映っ

ちゃってると思いました。

ただ、スタジオで見ている人たちがあまりに無反応

なことに違和感は感じましたが・・・。

その後、霊媒師が登場し、全体を見ながら

「あちらの窓に女性が立っています」と一言。

スタジオの人たちの反応はと言うと、

「え~どこ?見えない」

本当に???

みんなには見えていなかったみたいです。

同じ映像を見ても、見えているものが人によって

違うんだと感じたのでした。

あれはスタッフではなかったようです。

 

私の霊体験10(高野山にて)

小学校二、三年生の頃の話。

当時、ガールスカウトに入っていた私は

夏休みの度に高野山キャンプに参加させら

れていました。友達とテントの中で夜まで

一緒にいられるのは楽しかったのですが、

テントを張らせてもらうのが、お寺の敷地内。

どこのお寺か忘れてしまいましたが、

かなり大きなお寺の敷地で、テントの中に

こおろぎだったか、虫が沢山入ってきたりする

のが、不快だったのを覚えています。

キャンプでお決まりのダンスや、キャンプ

ファイヤーをやって、疲れて眠りに付いた頃。

友達に起こされて目が覚めました。

トイレに行きたいのだけれど、お寺のトイレを

借りないといけなくて、自分たちのテントは

お寺のトイレからはかなり離れていたこともあり、

トイレに行くときは必ず二人以上で行くようにと

リーダー(大人の人)から言われていたこともあり、

一緒に行って欲しいと起こされたのでした。

そして、二人でトイレに向かいテントを出て、

お寺の大きい石碑の前に来たとき何か違和感が。

え?と思って見上げた石碑の前に白い着物を着た

女の人が浮いていました。

「ギャー」二人で絶叫しながら、テントに戻り、

他の、メンバーを起こして戻ると、石碑の前に

まだ例の女性が浮いています。消えない!!

「ギャー」デジャブかというくらい、先ほどの

同じ行動でテントの方に戻った私たちは

確か子供四人くらいだったと思うのですが、

今度は大人を起こそうと、大人のテントに

飛び込み事情を説明して今度は大人の人と

一緒にその石碑の前に行きました。

「いない」口々に叫びます。

あんなに堂々と佇んでいた女の人が消えて

いました。大人が見たら駄目なのでしょうか?

私たちにも見えなくなってしまいました。

その後トイレに行ったのかどうだったかは

覚えていませんが、石碑の前に浮いていた

女の人の姿が今も目に焼きついています。

 

前に戻りました。

 

 

 

 

 

私の霊体験9(自転車に乗っていた坊や)

車で出かけた帰り道、ふと目に飛び込んできた

のは、二、三歳の小さい男の子が一人で歩道で

自転車に乗っているのだが、大人が近くにいない。

そして柵がない歩道部分から子供が車道に飛び出し

そうで心配になった瞬間、子供が消えた!!

あれ?と思った次の瞬間目に入ったのは、

道の端にお供えされた花だった。

やっぱり、あの子は・・・。

また見てしまったのか。

私の霊体験8(座敷わらし)

座敷わらしを見たことは無いんです。

ただ、今の家に引っ越す前に住んでいた

アパートが子宝ハウスとか呼ばれるくらい

よそのおうちには次から次から子供が生まれる

アパートでした。

何故かうちは中々、子宝に恵まれませんでしたが。

そのアパートに住んでいる間はいつも子供がいる

気配がしていました。自分の家に。

一番強く感じたのは、リビングでうたた寝して

しまった時のこと、バタバタバタと近くを走る

子供の足音と気配が。その足音が私に向かって

凄い勢いで近づいてきて、ぶつかるっと思った

瞬間に私の上を飛んだ気配を感じました。

 

私に子供が出来てからはその座敷わらしの存在を

感じなくなりました。

次の子供がいない家を探して出ていったのでしょうか?

 

私の霊体験7(花火の帰り)

娘が四年生くらいの頃、娘の友達家族とあわせて

四家族の母子で花火会みたいなのをやっての

帰り道。娘と二人で歩いていると、前から若い

女性が歩いてきているのは気が付いていた私。

でもその女性の後ろから時々ふらふらと酔っ払い

の千鳥足のように歩く?(何故か足が見えません)

おばあさんが見えて、あれ?っと興味を惹かれます。

そのおばあさんは、白い着物に黒い帯を締めていて

その格好も妙に気になり、目で追っている私が

いました。

そのおばあさんは近くの閉まり間際の酒屋に

入った様に見えました。

帰宅後、白い着物と黒い帯が気になって調べて

見ると、昔の地方のお葬式でそういう格好で参列

するところがあるのだとか、、、、。

何か不思議な気持ちで過ごしました。

二日後、その酒屋さんのおじいさんが亡くなり

お葬式をしていたことをご近所さんから聞いた

私はもしかしたら、あのときのおばあさんは

死神でお迎えに来ていたのかもと思いました。

 

 

 

私の霊体験6(和室におばあさん)

娘を和室に寝かせて、横の部屋で机に向かって、

目の端に娘の姿を確認しながら、作業していた

私は誰かが座っている気配を感じる。

頭を上げて見てみると、着物を着て髪を纏めた

おばあさんが押入れに向かって、正座している。

何?と思ったのですが、何もしてあげられない

私は気付かないふりをするしかなく、暫く(

かなり長い間)その状態で過ごしたのでした。