レジン・神楽坂大好き   50オバサンの楽しい毎日

毎日楽しく生きるために、色々やってみよう。

父が入院しました3

6月3日

喉から音が鳴っていたらしい。

 

6月7日

担当医が最初の消化器内科に戻り、消化器内科の

階に移動。

早く退院したいのに何でできないんや?

て言ってたらしい。

今日はあまり、しんどそうではなかったらしい。

転院予定の病院から家族面談に来るようにと

連絡があったらしい。

 

6月8日

鼻の穴に固定するタイプの人工呼吸器が

付いたらしい。

 

6月9日

少し元気そうだったらしい。

お昼ご飯はおかゆと何かの白和えが出ていた

らしい。

 

6月10日

朝から熱があったらしい。

お見舞いに行った時は微熱だったらしい。

 

6月11日

朝から熱があり、熱の為リハビリできず。

 

6月13日

鼻と口を覆うタイプの人工呼吸器に変わる。

高濃度の酸素を送らないといけないらしい。

 

6月14日

本人は体調不良を自覚していないが、

酸素マスクをしていても酸素が吸えていないらしく、

検査をするとのこと。

検査中に何かあった時に延命治療を行うかの医師からの

確認があり、延命治療は本人も家族も望まないことを

伝える。

CTで見たら肺が白く映っていて、原因はリンパが癌に

侵されてリンパ液の中で溺れている感じだったらしい。

肺の先生は余命2週間とのこと。

しかし、担当医は年齢と今までの進行具合から言って

長くて2週間、短いと3日くらいで逝ってしまう可能性

もあるとのこと。

 

6月15日

私も病院に駆けつけました。

遠方から駆けつけた私の顔を見るなり父が

大きく目を見開いて、

自分は大丈夫なのか?と聞いてきました。

人工呼吸器をしていて聞こえにくく、私は

聞き違い

「大腸がんなのか?」と。

「違うよ。大腸がんになったのはお母さんだよ!!」

と答えると姉から

「大丈夫なのか?」と言ってるんだと突っ込まれる。

私のとぼけた聞き違いのおかげ?で父は

「そうやな~大腸がんはお母さんだな~」

となっていましたが、

「自分の葬式に来たのか?」と言い出し、

皆で父が生きているじゃないかと言い聞かせました。

 

6月16日

この日、父は水を飲みたいと言いました。

看護師さんに飲ませても良いか?と聞くと、

誤嚥性肺炎で飲むと口から、出てきちゃって

大変なことになるから、そして人口呼吸機にも

水が入ってるから、それで水分は取れているから

口の中を水分を含ませたスポンジで拭くことしか

出来ないと言われました。

それを父に説明してもらうと、納得したように

頷きましたが、それからも何度もミカン一つでも、

ココア一口でいいんだと、喉の渇きを訴えていま

した。

私たちは父が眠っている間に帰るつもりだったが、

忘れ物を取りに戻った時、起きていた父に

「また来るからね」と言った私に父は、

「今度来るまで頑張って生きてるから」と言った。

私はすかさず、

「生きてるじゃなくて、元気になっててよ!!」

と言って帰って来たけど、ちょうど一週間後に

父が亡くなることになるなんて、この時の私には

想像すら出来なかった。

いつもどこも悪くないのに何で退院できないんだ?と

言ってた父も、今思えば何か感じていたのだろうか?

この時の父の言葉が、何度も脳裏を駆け巡る。

約束を守るために、父は頑張ったのかもしれない。

 

6月20日

モルフィネのせいか、頭がぼんやりしているみたいで、

ぼーっと天井を見ていた。

 

6月22日

先生から家族を呼んだ方が良いとの発言あり。

連絡を貰い、夜10時ころ病院に駆けつけた。

意識朦朧としている感じで呼吸は苦しそう。

夜12時まで付き添うが、兄夫婦が泊まって

付いていてくれるということで一度実家に戻り、

シャワーした後、いつでも出られるようにして

仮眠する。

 

6月23日

朝5時ころ、病院の兄から来た方が良いと連絡あり、

駆けつけた時血圧が70と40くらいになっていたが

駆けつけた後、血圧100と60くらいに回復。

酸素も吸えているようだった。

朝9時頃、状態が安定してきたこともあり、

兄夫婦と私の夫は車で仮眠。姉は母の様子を見に

一度実家に戻りました。

その30分後、急変、自動血圧計が3度計り直すが

血圧が計れなくなる。

その後、呼吸が0になったり、27と出たり繰り返す。

あれ?って思っていたら、看護師さんが皆さんを呼んだ

方が良いです!!と言われ、

私が外に出て皆に電話で召集をかけ、急いで

病室に戻る。すぐに、兄夫婦と夫は駆けつけるが

姉が来ない。

血圧は相変わらず計れない状態。

呼吸数0と数字を繰り返すが、0が多くなってくる。

そして、呼吸数0になってからも、心臓はまだ動いていた。

その後心臓の心拍数も0に。

看護師さんが

「全て0と言うことで、確認の為医師を呼びます。」

死んだんだ!!と思った途端涙があふれ出て、止まらなかった。

その場にいることが出来ず、病室を飛び出した。

そこへ姉が現れた。

「死んだ」と一言。

急いで病室に入る姉。

「肝心な時に、会えなかった」

「家に帰っていたたった30分の間に逝っちゃうなんて」

でも、私は思う。

人が逝ってしまうその瞬間。あまりの衝撃だった。

見た感じはまだ生きているように見えるのに、データーが

0,0,0で突きつけられる。死を。

毎日頑張って、看病していた母や姉には見せなかったん

じゃないかと。

そのショックを与えないために。

父か神様かわからないけど、何かに守られてる。

私はそう感じた。

そして、父が亡くなった6月23日は私の誕生日でした。

命日は忘れられない日になってしまいました。

お通夜、お葬式が終わり、また自分の生活に戻りました。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。